ひねもすのたりのたりかな

二度目の平凡なドイツ生活の様子を日記代わりに書いています。知らないことはまだまだいっぱい。ドイツ語が上達する兆しは… ありません。料理下手ながらも弁当は作っています。

プロフィール

Kaka

Author:Kaka
Kaka(嬶)とDanさん(旦さん←旦那さん)の、平凡な日々と、時々そうでない日々のことを綴っています。

Blog Ranking

人気ブログランキングへ

最近観た映画・ドラマ

最近読んだ本

お気に入りの通販購入品

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

バンベルクへ小旅行 其の三

バンベルクで一夜過ごして…

先ずはシャワー。モダンなデザインで、ドアもシャワーカーテンもないシャワールームでちょっと落ち着かないままシャワーを浴びる。🚿


20170416
朝食ルームは適度な客数で、快適。🍳

メニューは🇩🇪のホテルの一般的な内容。パン各種、コーヒー各種、ジュース各種、牛乳、ヨーグルト、ミューズリー各種、フルーツ各種、ハム各種… セルフで焼くトーストと飲み物以外は基本的に「冷たい」メニュー。


20170416
パン各種はグランドピアノの上に盛られている。

クロスの下から見えるピアノは傷がいっぱい… ピアノとしては使われてないのかな? KakaもDanさんもクロワッサンを選んで着席。一番人気がクロワッサンらしく、他のパンに比べて減りが早い。これがバンベルク名物Bamberger Hörnlaだったのかな? 

Kakaはクロワッサンとヨーグルトとカプチーノ一杯、カフェラテ一杯で朝食終了。Danさんは更にゼンメルにハムとチーズ挟んで朝食終了。


チェックアウト時にホテルのスタッフからのうさぎチョコのサービスがあった。Kakaが買ったうさぎチョコと同じやつ。ホテルは場所良し、スタッフ良し、清潔感良し。ただ… Kakaにとっては2011年以来の外国のホテル。格安ホテルではないのに歯ブラシセットが無い、浴槽が無い、部屋着が無い、冷蔵庫が無い、無料Wi-Fiが無い…  欲を言ったらキリが無いね。😅


Danさん :これからどうする? …もう、帰る? 
Kaka  :…帰ろうか?
Danさん :地図にあったお城にでも行ってみる?
Kaka  :…。じゃ、行ってみようか?


全く観光欲の無いやりとりの後、バンベルク旧市街から車で20分強かかるSchloss Weißensteinに向かった。🚘


20170416
想像していたよりも立派な建物。

Kakaたちを含めても4、5組の観光客しかいない。バンベルクから少し距離があるから? 観光バスがわざわざ立ち寄りそうな感じもしない。


20170416
メインの建物だけど… Kakaが写りこんでる。

久々にデジ一持参のDanさんだったけど、曇り空の所為かイマイチ撮影欲が湧かなかった模様。😒


そして真っすぐ自宅へ。お土産も何にも買ってない。折角の小旅行が不発に終わった感じなのは天気の所為かなぁ… 「まぁ、どの街も似たりよったりだよね」と、Danさん。それを言っちゃぁ… 😅


20170416
うさぎチョコが一個増えた。🐰


帰宅して、遅めの昼食にはチャーハン。和食(チャーハンは和食?)が落ち着く。


訪問、有り難うございます!!
blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ

Theme:ドイツ旅行
Genre:旅行

comments(2)|trackback(0)|独;バンベルク/2017年春|2017-04-16_23:59|page top

バンベルクへ小旅行 其の二

Danさんを起こして20:00前にホテルを出ようとしたら… ☔️ ホテルで傘を借りて、出かけた。昼食に食べたハンバーガーがまだ消化しきれていない感じ。夕飯を摂るレストランを物色しつつ散策。昼間に見た程の人出はない。世界遺産の街とはいっても、どちらかというと「立ち寄り観光客」が多いのかも。いくつか候補に挙げていた店の一軒Alt-Ringleinに入店。ほぼ満席だったが、一人で大テーブルにいたオジさんと相席に。ご近所の常連さんかな? 他の大テーブル2つは家族そろっての食事会。

先ずは、Mahrs BräuのHellとWeisseを一杯ずつ。

取り敢えず郷土料理ショイフェルラ(Schäuferla)は注文するつもりでいた。で、もう一皿は? 

20170415
二人前から注文出来る強度料理の盛り合わせ注文。26.5ユーロ。かなりの大盛り… 💦

ショイフェルラ、シュバイネハクセ(Schweinehaxe)、フランケンの焼きソーセージ(frankische Bratwürste)、ザウワークラウト(Sauerkraut)、サヴォイキャベツ(Wirsing)、パン団子(Semmelkloß)、じゃがいも団子(Kartoffelkloß)。

Danさんはソーセージが気に入った様子。Kakaは、「肉」本体の方が気に入った。二人前ということだけど、🇯🇵人には、三〜四人前に相当するかもね。二人とも昭和育ちの子で、食事は残さない方針だけど、今日はちょっと無理だった。😣

食事の皿を下げてもらった後…

20170415
名物の薫製ビール(Rauchbier)は飲まないとね。

ギネスとは全然違うね。かなりスモーキー。

また超満腹… そして、安い。🇩🇪料理は、高からず、特別美味からず…  🇩🇪の何処に行っても「郷土料理」は似たり寄ったり… 🇩🇪料理の長所は高くないことかな。💦


20170415
入った店の向かいはバンベルクで一番人気のレストランSchlenkerla

席が空くのを待つだけでも大変そうだから残念ながらやめておいた。注文も通り難そうだったし。


ホテルに戻り、昼食を摂ったバーで一杯。🍸  ここも満席。

20170415
雰囲気も悪くないし、使い勝手が良い店なのかな?


「会計して、お手洗い行って来るから外で待ってて」と、Danさん。夜風が心地いい。別の出口にチラっとDanさんの姿が目に入る。隠れて(自称禁煙中)タバコ吸ってやがる… 🚬 お手洗いってのはウソだったんだよね。  


お風呂は明日の朝。歯磨きして、寝よ、寝よ。😴



訪問、有り難うございます!!
blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ

Theme:ドイツ旅行
Genre:旅行

comments(0)|trackback(0)|独;バンベルク/2017年春|2017-04-15_23:59|page top

バンベルクへ小旅行 其の一

イースター休暇2日目。小旅行に出発。🚘  目的地はバンベルク(Bamberg)。戦火を逃れた街のひとつでユネスコの世界遺産にも登録されている街。ホテルに着いたのが12:00少し前。チェックインは14:00〜。ということで、車と荷物を預かってもらい、先ずは昼食。ホテルの地上階にあるBoulevard Cafe & Bar Luitpoldへ。ほぼ満席の中、テーブルを1つだけ空いているテーブルに案内されて着席。回りのテーブルを観察すると、朝食メニューを注文している人が多い。でもKakaたちは・・・

20170415
がっつりハンバーガーのメニュー。Danさんはチキンフィレのハンバーガー(Chicken Crisp)。8.9ユーロ。

味は悪くないけど、火の通りにはムラがあったらしい。見ただけで、底は焼き過ぎなのは分かる。😅



20170415
Kakaは店のオリジナルハンバーガー(Luitpold Original)を。8.9ユーロ。

ハンバーグは手作り感100%。「手作り感がある=美味しい」ってことじゃないよ。粗めのひき肉で作ってあるのは分かるけど、やっぱり焼きムラがね。表面は焼き過ぎ、中まで火が通ってない。「それが狙い」って訳じゃないよね。💦
あ、味は悪くない。

hausgebackenes Sesambötchen(店で焼いたゴマパン)とだというバンズは… 普通。食べるのに時間がかかるから、ドレッシングとかソースでべちゃべちゃになっちゃうから仕方がない。因に、一番上にあるのはホオズキ。🇯🇵じゃ観賞用だけど、🇩🇪では普通に食用としてスーパーとか市場で売られている。


20170415
ハンバーガーのお供には、Fässlaのラガービール。Danさんは500ml、Kakaは250ml。500mlもビール飲んだら、Kakaはハンバーガーが食べきれなかったかも。


お腹いっぱい。天気予報で分かってはいたけど、たま雨がパラつく中、腹ごなしに旧市街を散策。


20170415
月〜土 7:00〜18:00まで出ているという市場(Grünen Markt)を横目にチラっと見て先へ。

 
20170415
雑貨屋もお菓子屋もイースター関連のグッズがいっぱい。


20170415
一番の見所はやっぱりここ、旧市庁舎(Altes Rathaus)。


20170415
バンベルク大聖堂(Bamberger Dom)。

今日は中に入られるのは信徒さんのみ。明日は観光目的でも入られるとのこと。🇯🇵でも信心深くない仏教徒はたくさんいる(Kakaもその一人)けど、🇩🇪でもイースターとクリスマスだけ教会に行くような信徒さんのことをU-Boot Christen(潜水艦クリスチャン)って言うらしい。法事と観光でしかお寺に行くことのないKakaはU-Boot Buddhistin?   


20170415
新宮殿(Neue Residenz)の庭園。花の季節にはまだ早い。


20170415
庭園からはバンベルクの街が見渡せるけど、生憎の曇り空。

中心部に比べると、この辺りは観光客の数がぐっと減る。傘なしでもギリギリ歩けるくらいの雨がたまに降るのが残念。☔️


20170415
和食風の飲食店を発見。(ホントの和食店だったらゴメンなさい…)


20170415
中心部に戻って、また旧市庁舎前に。

市庁舎が2つの街と橋で結ばれている光景はとても美しく魅力的です。
かつてバンベルクの聖職者たちは丘の上に住み、一般市民は川を挟んだ下町に住んでいました。市庁舎を宗教区に作ることを司教が拒否したため、川に人工の中州が造られ、そこに建てられたとの説があり、聖職者側にも市民側にも属さない中立の立場をとっていました。

…というのは、こちらからの引用です。😅

最初に通ったGrünen Marktにあるカフェの一軒でコーヒー休憩をしてからホテルにチェックイン。17:30頃から19:00過ぎまで休憩。😴 WiFiはあるようだけど、有料らしいから使用するのはやめておいた。Kakaは18:00過ぎに目が覚めたけど、ネットが繋がらないとすることがない。本も持って来てないし、TVは🇩🇪語…  Danさんが起きるまで、動物番組をぼ〜っと見てた。


訪問、有り難うございます!!
blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ

Theme:ドイツ旅行
Genre:旅行

comments(2)|trackback(0)|独;バンベルク/2017年春|2017-04-15_23:58|page top

機内食

がっつり食べた昼食が消化される前に・・・

20110425
菜の花畑を横目に空港へ。


搭乗手続きカウンターで、手続き中の、どこか見覚えのある容姿の初老の女性の姿を発見。先日、船で一緒になった一人旅をしていた女性だった。 一声かけて、そこで一旦別れた。

本来なら一ヶ月前に帰国する予定だったため、春~秋服は全て船便で発送済み。この日のような暖かい日に着られるそうな服といえば・・・

20110425
アパートでパジャマ用に着て、捨てて帰ろうと思っていた脇の下に穴の開いたTシャツ。

「上にパーカー羽織っているから問題無し!」と思っていたが、セキリュティーチェックの際、パーカーを脱ぐハメに。


「もう二度と乗ることはないだろう」と思っていたビジネスシートに、ぎりぎりアップグレードすることが出来た。アップグレードできたことだし、せっかくだからラウンジを利用。ということで・・・

20110425
ドイツで本当に最後の食事はこれになった。

プレッツェルがパサパサ・・・
やっぱり成田空港のANAラウンジの方が全然良い。


20110425
突き出しと一緒にそば焼酎のロックを一緒に。

花粉症の所為か、咳が止まらなくてビールを飲む気分じゃない。


20110425 20110425 20110425
前菜三皿。

季節の前菜盛り合わせ、スモークサーモンとこのしろの酢の物、帆立貝旨煮と若筍煮。


20110425
真鯛の幽庵焼き。


20110425
長野県産コシヒカリの炊き立て御飯に味噌汁と香の物。


20110425
パフェ。


夕食後に、二度目の食事のラストオーダー直前まで寝てしまい、ANAセレクト「栗原はるみメニュー」(揚げ鯖の胡麻味噌かけ)は品切れになってしまっていた。 Danさんによれば、「それほど美味しいもんじゃなかったよ」ということだったけど。Kakaはオレンジジュースとホットサンドを注文。

ビジネスシートを満喫するつもりではいたが、花粉症の症状の咳が止まらず、イマイチ楽しめなかったのは残念。


結局、あの初老の女性とは、搭乗直前に再度短い会話を交わした以降は会う機会がなかった。また、いつか一人旅をするんだろうね、あの女性。


訪問、有り難うございます!!
blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ

Theme:グルメ♪食の記録
Genre:旅行

comments(0)|trackback(0)|外国旅行|2011-04-25_23:59|page top

リューデスハイムの旅初日 ~ライン河下り(往路)~

乗船すると、一応甲板席には出てみたが、パラソルが無い・・・  端っこに、申し訳程度に日陰になっているスペースを見付け、そこに陣取った。


20110422
出発直後の乗客は少ない。

コブレンツ近くは、ライン川下りのハイライトではないから。ハイライと区間に入れば、日本人観光客もどっと見られるだろう。一人旅だと思われる初老の女性のみ。暫くすると、その女性が近寄って来て話しかけて来られた。亡くなられたご主人と旅行した町を一人で旅行されているのだとか。60歳は越えておられるようだが、うちの親にはそんな芸当は出来ない。Kakaだって出来るかどうか・・・  あれ? Kaka、未亡人になるつもり? 


20110422
ハイライト区間ではないものの、両岸には時折お城が見える。


20110422
西洋人の皆さんは、パラソルがなくても全然平気。


20110422
この椅子の骨組みが金属製の所為か、静電気が多発。痛くて、痛くて・・・ 


20110422
ボッパルド(Boppard)で、どっと乗客が増えた。下船する人もそこそこいたけど。


20110422
そろそろ景色に飽きて来たかも・・・ 

先ほどの日本人女性が再度やって来て、「途中で下船して、今日中に電車でケルンに引き返す予定だけど、どこで下船すべきか考え中」と仰った。そして、「リューデスハイムまで行っちゃうと、20時過ぎちゃうでしょう? それにこの船、30分くらい遅れてるみたいよ」とも。え???  電車→バス→船の乗り換えばかり気にしていたが、リューデスハイム到着時間はチェックしていなかった。数年前にライン河下りした際には確か4時間程だったはず。・・・そうか、往路は河上りなんだもんね。


20110422
甲板席は、ぎゅうぎゅう詰め。


そして・・・

20110422
ライン河下りのクライマックス、ローレライ(Loreley)。

そう、これだけ。注意しておかないと、見逃してしまう観光客も多々。


リューデスハイムの2つ手前で下船すると仰った日本人女性を見送ろうと降り口まで行ったが、会えず終い。無事、亡きご主人との旅行の軌跡を回られることを願う。


20110422
や~っと、リューデスハムが見えてきた。もう、暗くなりかけてるし・・・ 


続く・・・


訪問、有り難うございます!!
blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ

Theme:ドイツ旅行
Genre:旅行

comments(0)|trackback(0)|独;リューデスハイム/2011年春|2011-04-22_23:58|page top

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カテゴリ

コメント有り難うございます!

 

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: