ひねもすのたりのたりかな

二度目の平凡なドイツ生活の様子を日記代わりに書いています。知らないことはまだまだいっぱい。ドイツ語が上達する兆しは… ありません。料理下手ながらも弁当は作っています。

プロフィール

Kaka

Author:Kaka
Kaka(嬶)とDanさん(旦さん←旦那さん)の、平凡な日々と、時々そうでない日々のことを綴っています。

Blog Ranking

人気ブログランキングへ

最近観た映画・ドラマ

最近読んだ本

お気に入りの通販購入品

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

バスク旅行 5日目 〜最終日〜

5日間のバスク旅行も今日で最終日。残念ながら、ほぼ天気予報通りで雨が多かった。☔️ 帰りの便は15:00発。昨日買ったヨーグルトを食べて、チェックアウトをせずに外出。El Corte Inglesで持ち帰るための食材を購入。


20180514
カカオーレ(Cocaolat)? コカコーラを捩った? 🤔



昼食にはちょっと早いけどとうとうピンチョスの食べ納め。

20180514
最後の一軒はEl Globo

Danさんはワインを注文したけど、まだ朝の10:00過ぎだよ。Kakaは水を頂いた。😅


20180514
ピンチョを4種類注文。

・Hongos con su Crema y Jamon(キノコ、クリームと生ハム添え)
・Txipiron con Cebolla Confitada(イカ、玉ねぎのマリネ添え)
・Bacalao Gratinado(干し鱈のグラタン)
Txangurro gratinado(チャングロのグラタン)


20180514
うなぎの稚魚(もどき)のピンチョスは結局一度も食べることはなかった。

デパートで缶詰を買ったから、帰宅したらバケットに載せて食べてみる? 


空港に向かう際は、サン・セバスティアンからビルバオに到着したバスターミナル(Termibus)で乗車するつもりでいた。「大きな荷物がある際は始発のTermibusの方が好ましい」というのを何かで読んだ覚えがあったから。


20180514
チェックアウトのためにホテルに向かう途中に空港バス乗り場を偶然見かけた。

「せっかっくだからここから乗ろうか?」と。ハイシーズンでもないし、月曜日だし大丈夫だよね? 結果、問題なく乗車できた。🚍 バスターミナル( Termibus)からは5:15〜22:00の間、15分おきに運行。もちろん、途中乗車もOK。市内の2、3ケ所で乗車できる。ビルバオ空港までの所要時間は約30分。


20180514
空港に到着したけど、自動チェックイン機は無い。約40分並んだかな・・・  😓


20180514
空港から垣間見える空が青い。🌤


20180514
これから1週間、雨が降らないみたい。😑


20180514
空港にも生ハムがいっぱい。🍖


20180514
空港ではビールとサンドイッチで軽めの昼食。🍻

テーブル席がなかなか空かず、Danさんが買っている間にKakaは席探し。


バスクで美味しい物が食べられたことは大満足。ハイシーズン前の比較的観光客が少ない時期だったのもよかった。天気さえ良ければ100点だったのになぁ。


20180514
そして、🇩🇪はしばらく天気悪いみたい・・・

普段の行いの所為か、雨女なのかは不明。☔️


訪問、有り難うございます!!
blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ

Theme:スペイン旅行
Genre:旅行

comments(0)|trackback(0)|西;バスク/2018春|2018-05-14_23:59|page top

バスク旅行 4日目 〜ビルバオ散策〜

軽めの昼食の後は、ビルバオを散策。


20180513
グッケンハイム美術館(Museo Guggenheim Bilbao)に到着。

明日は月曜日で休館。行くなら今日行っておかないと。到着する頃、また雨が強くなってきた。もう、雨ばっかりでイヤだ・・・ ☔️


20180513
蜘蛛のオブジェ。スモークの演出も。


20180513
花で作られた巨大な犬のオブジェがあるはずだけど、残念ながら改修中。


20180513
本来なら、こんなオブジェがあるらしい。


20180513
Danさんの希望でポスターを購入。

潰れないように持って帰るのが面倒だった・・・ 😩 でも、額に入れて壁に飾ったら結構可愛かったからよし。

因みに展示品の鑑賞はせず、売店にだけ立ち寄って退散。建築に興味のある人だったら、建物を見るだけでも楽しいんじゃないかなぁ。


旧市街まで歩けないこともないけど・・・

20180513
地下鉄に乗ってみた。


IMG_5387.jpg
地下鉄の出入り口がオシャレ。


旧市街を少し歩いた後、一旦ホテルに戻ることに。

20180513
ビルバオ=アバンド駅(Estación de Abando Indalecio Prieto)。外観が美しい。


20180513
改札前のCafeveで一服。

改札側の自動ドアが開く度にスズメが一羽ずつ入って来た。


20180513
数羽のスズメが店内のテーブル、床のパンくずをつついてる。😊


せっかく旧市街を歩いたのに写真が一枚も無い。今日は休みのBarが結構あるので、夕飯をどこで摂るかをDanさんが探して歩いていただけだから。

20180513
途中見かけたLa Casa del Yogurでヨーグルトを買ってみた。

ビフィズス・ナチュラルの方が93Cent、ブルーベリーの方が65Cent。安い! そして美味しい!! (実際に食べたのは翌朝だけど)


サンティアゴ大聖堂(Catedral de Bilbao)の写真くらい撮ってもよかったのでは? 😕


Danさんはまた雨で濡れたスニーカーを乾かさないとね。👟


訪問、有り難うございます!!
blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ

Theme:スペイン旅行
Genre:旅行

comments(0)|trackback(0)|西;バスク/2018春|2018-05-13_23:57|page top

バスク旅行 4日目 〜移動(サン・セバスティアン→ビルバオ)〜

サン・セバスティアンを発つ朝、小雨の中、バス乗り場まで15分ほど歩いた。☔️ 初日にビルバオ空港から到着したバスターミナル(Autobuses Donosti)。

20180513
チケットはサン・セバスティアンに到着した日に券売機で買っておいた。全席指定。

行き先はビルバオ空港ではなく、ビルバオ市内のバスターミナル。


20180513
電光掲示板で乗り場を確認。購入済みチケットの出発時間は9:10。

9:10発は「Santiago行き」になってる。旅行前に「行き先案内が分かりにくい」というどなたかのブログを読んだのを思い出した。多分、サンティアゴ行きでいいはず。念のためにDanさんが窓口で確認。


20180513
「乗り場は?」との問いに、窓口のおじさんはチケットに「Santiago」と書いてくれただけ。

ま、大丈夫だろう。😅 20分ほど遅れてバスが到着。


20180513
バスのフロントガラスに停車する地名が書かれている。

電光掲示板にもこうやって経由地を書いててくれると分かりやすいのにね。


ビルバオに向かう途中、また雨が強くなった。1時間20分程でビルバオのバスターミナル(Termibus)に到着。ターミナルのインフォメーションで翌日の空港バスについて聞くと、「15分おきに出ていて、チケットは運転手から直接買えます」と。

また小雨が降ったり止んだりする中、ホテル(Edificio Santiago)に向かって歩いた。20分弱かかったかな? タクシー使うには近過ぎるし、公共交通機関の利用の仕方を調べる時間で辿り着けるもんね。アパートタイプの部屋でキッチン付き。部屋もクローゼットも広い。家族で宿泊する場合はリビングのソファをベッドとして使うんだろうね。


訪問、有り難うございます!!
blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ

Theme:スペイン旅行
Genre:旅行

comments(0)|trackback(0)|西;バスク/2018春|2018-05-13_23:55|page top

バスク旅行 3日目 〜夕食〜

今日は、早めに夕飯に出かけた。雲は多いけど雨は上がってる。Danさんのスニーカーも大分乾いたらしい。昨夜行ったレストランのあるグロス地区のBarに行ってみることに。

一軒目はBar Bergara。「🇯🇵人?」と聞かれ、日本語メニューを渡された。


20180512
シーフードのカクテル(Cocktail de Marisco)。

カウンターに並んでいたピンチョスの一つ「チャングロのカクテル(Chupito de Changurro)が美味しそう!」とDanさんに言ったら、間違ってシーフードカクテルを注文。これはこれで美味しかったけど。

パイナップル、リンゴ、マスのサウザンアイランドソース和え。エビ載せ。🦐


20180512
左)イチャソ(Itxaso):アンコウのシーフードクリーム
アンコウとエビをシーフードクリームと一緒にパイ詰にして焼かれたもの。これは一人一個ずつ注文。

右)チャルーパ(Txalupa):手長エビとキノコのグラタン(Gratinado de Setas con Langostinos)
カヴァと生クリームのソースでキノコとエビを和え、パイ生地に詰めてチーズを散らして焼いたもの。これも一人一個ずつ。


もう一軒、近くのCasa Semraで一杯。Danさんは二杯。🍷🍷🍷

入ると直ぐにテーブル席に案内されたけど、「カウンターでいいです」と。さっきの店もこの店もテーブル席でゆっくり食事している客の方が多い。川を挟んで、ちょっと勝手が違う?


20180512
キノコのコロッケ(Croqueta de Hong)とムール貝のコロッケ(Mejillon Relleno)。

揚げ物ってなんでこんなに美味しいんだろうね。😋


じゃ、クルサール橋(Puente del Kursaal)を渡って旧市街側に戻ろうか。

20180512
クルサール国際会議場・公会堂の前。

結婚式の伝統的な儀式なのかな? 新郎新婦の前で友人代表の4人がダンスを披露していた。せっかくのドレスなのに、寒いから新郎新婦もコート着用。


少し遠回りして海側を少し散歩。

20180512
海から河口に波が立ってる。



20180512
旧市街に戻ってチュレタ(Txuleta)に入店。

「そういえばまだシードル(Sidra)飲んでない」と、Kakaはシードルを注文。ここでは肉食べるんだけど・・・ 💦 昼に服を買った店の店員さんが勧めてくれるだけあって、大繁盛。魚も美味しいらしいけど、今回は肉だけ頂くことに。


20180512
サーロインステーキのポートワイン煮込み(Solomillo al oporto)、マッシュポテト添え。

大きさもいい感じで、柔らかさもちょうどいい。ソースと絡んだマッシュポテトもなかなか。


20180512
熟成肉のステーキのピンチョ(Pintxos Txuleta)。

店名と同じチュレタ(Txuleta)は、一人一本注文。



そしてサン・セバスティアンで食べる最後のお店はBar Restaurante Gandarias。ここも昼に服を買った店の店員さんが勧めてくれた店。


20180512
お腹は大分満たされているからここはイベリコ豚の生ハム(Jamon Iberico)。

塩味がマイルド。国とか地方によって塩味の具合は違うというけど、ここで食べた生ハムは全体的にマイルドな印象。


20180512
そしてマッシュルームのピンチョ(Pincho Champinon)。


20180512
まだまだ皆さん、盛り上がっていくんだろうけど・・・

Kakaたちはこれで終了。明日の移動時間が割と早めだから。🛌


訪問、有り難うございます!!
blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ

Theme:スペイン旅行
Genre:旅行

comments(0)|trackback(0)|西;バスク/2018春|2018-05-12_23:59|page top

バスク旅行 3日目 〜昼食〜

「今日は昼も夜も早め(🇯🇵時間)にしようか?」と。


20180512
一軒目、Restaurante Ganbara

キノコが人気メニューらしく、カウンターに盛られた大量のキノコの写真を撮る客が多い。


20180512
ポルチーニのソテー(Hongos a la plancha)。歯ごたえがいい。🍄


20180512
こちらもお勧めピンチョ、チストラのパイ包み焼き(Hojardre de Txistorra)。

チャングロのタルト(Tarta de Txangurro)も名物らしいけど、この日は断念。


そしてDanさんがどうしても食べたかったらしい予約が必要なトルティージャが有名お店、Bar Nestorに行き、開店前で半シャッター状態の店に入って予約。13:00と20:00だけ、それぞれ1ホールずつしか焼かないという。入店すると、「トルティージャ?」と聞かれる。日常なんだろうね。13:00までに30分ちょっと。Danさんは「トルティージャの時間まで違うBarで何か食べる?」と。忙しく飲み食いしたくないから却下。😓

Barに近いコンスティテューション広場(Plaza de la Constitución)に面して並んでいる店を見て歩いた。Lokという店のタンクトップが気になって入店。中でじっくり見ると、色違いもある。「試着はこちらです」と店員さんに言われるも、後10分でトルティージャが焼きあがってしまう。試着をせずに買うには値段が(タンクトップにしては)高い。「レストランの予約があるから、後でまた来ます」と店を出た。「店は13:30には休憩になりますよ。夕方は16:30から営業です」と。💦


20180512
13:00ちょうどにBar Nestorに到着。本日昼の二軒目。

店の中はすでに客でいっぱい。そして、トルティージャを予約した客の名前が呼ばれながらトルティージャが提供されている。名前を呼ばれてホッとして、チャコリ(Txakoli)も一緒に注文。


20180512
名物のポテトのトルティージャ(Tortilla de Patatas)。

玉ねぎの甘みとトロっと感が絶妙。そりゃ、予約してでも食べに来たいと思っちゃうよね。「一日二回、1ホールずつしか焼かない」ってのがご主人のダンディズムなのかな? 売れるからと商売を広げちゃうと、味が落ちて客離れの原因になることが多いもんね。横浜中華街はそういう店が多いような気がする。

ここのシンプルなトマトサラダもお勧めらしい。でも、ここではトルティージャだけ食して店を出た。


Danさんが「さっきの服買うなら、店が閉まるまでに少しだけど時間があるよ。せっかく近くにいるから行ったら?」と。そぉ〜おぉ〜? じゃ、そうしようかなぁ? 「Nestorでトルティージャを食べて来ました」と、再び入店。タンクトップを試着させてもらい、更にワイドパンツも一緒に購入。久々にプチプラじゃないまともな服を買ったような気がする。お店の女性にお勧めのBarを尋ねてみると、「Restaurante GandariasBar-Restaurante Txuletaがいい店よ」と。前者は一日前の夜に行ったし、後者は今夜行くつもりでいた。地元の方が「いい店」と言うだから間違いないね。


予定外に服を買って、お腹も多少満たされてはいたけど、次は三軒目。

20180512
Restaurante Zumeltzegi


20180512
エビと生ハムの串焼き(Brocheta Gambas Jamón)。


20180512
イカの串焼き(Brocheta Calamar)。

🇯🇵のお祭りのイカ焼きは別格だけど、こういう串焼きもいい。🦑


20180512
四軒目はLa Cepa

温かいピンチョを注文してきたけど、作り置きのピンチョも美味しそう。目の前のピンチョをつい注文したくなるけど、できれば温かいピンチョを頂きたい。


20180512
「揚げ待ちスタンバイ中」の衣を纏った食材たち。


20180512
ガビジャ(Gavilla)。チーズ、ベシャメル、ハモン・イベリコ入り。

中濃ソースをかけるとまた違う楽しみ方ができるかも。・・・邪道? 💦 最近、ヨーロッパでも中濃ソース、照り焼きソース、おたふくソース等の甘いソースが人気。


20180512
相変わらず雨は降ったり止んだり・・・  そして寒い。

たまに欧米系の半袖Tシャツの観光客はいるけど、地元の人はライトダウンを着た人が多い。ヒラタケさんが、『旅するスペイン語』の中で「5月なのに、9℃」と言ってライトダウンを着て撮影していたけど、Kakaたちがいた時は8℃だった。スペイン北部の5月はこれが普通?

Danさんのスニーカーも雨が染み込んでるようだし、一旦ホテルに戻って昼寝しながらスニーカーを乾かそう。👟



訪問、有り難うございます!!
blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ

Theme:スペイン旅行
Genre:旅行

comments(0)|trackback(0)|西;バスク/2018春|2018-05-12_23:58|page top

カレンダー

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ

カテゴリ

コメント有り難うございます!

 

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: