ひねもすのたりのたりかな

二度目の平凡なドイツ生活の様子を日記代わりに書いています。知らないことはまだまだいっぱい。ドイツ語が上達する兆しは… ありません。料理下手ながらも弁当は作っています。

プロフィール

Kaka

Author:Kaka
Kaka(嬶)とDanさん(旦さん←旦那さん)の、平凡な日々と、時々そうでない日々のことを綴っています。

Blog Ranking

人気ブログランキングへ

最近観た映画・ドラマ

最近読んだ本

お気に入りの通販購入品

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

カスティーリャの旅最終日 ~帰途~

ドイツに戻って来た。
 

20101231
夕方とはいえ、この暗さ・・・


20101231
そして、この雪。

数日間、スペインの青い空を見ていてすっかり忘れていた、ドイツの天候を。

大晦日の夕刻。エレベーターに乗り合わせた仕事納めで退勤するところだと思われる空港スタッフには「Happy New Year!」と言われ、空港内の飲食店も殆ど閉まっている。『Burger King』でさえも。


カスティーリャ旅行前に準備したものといえば・・・


ガイドブック。と・・・


 
携帯用の防犯ブザー。ピンクとシルバーを色違いで一つずつ。
Kakaは鞄に、Danさんはカメラ鞄に付けて観光。

10年前に比べると、ぐっと減っているようだが、今もマドリッドでは日本人が首締め強盗に遭っている事件が月一位程度は発生しているという記事を読んだから。行ってみると、そんなに治安が悪いような印象はなかった。なかったが、「一安心して気を緩めた時が一番危ない!」とも書いてあったから、できる限り注意を払い、治安が良くないというエリアには近寄らなかったけど。街の中心部であれば、夜更かしの多いスペイン。そんなに危険な感じはしなかった。夏の観光シーズンだと事情が変わってくるのかもしれないが。ちょっと驚かす程度にしかならないだろうとは思ったが、防犯ブザーの出番が無かったのは何より。

スリ、置き引きに遭うのは百歩譲って仕方が無いと思う。一番悪いのは犯罪者であるのは間違いないが、外国で一瞬でも注意を怠った自己責任もある。でも首締め強盗を含む身体に危害を与える強盗はルール違反でしょう。外国のスリも、どうせだったらこうやって職人技(?)で挑んで欲しい。身体に危害を加えるなって絶対ダメ!! 


今回の旅行では約100€を節約すべく、Germanwingsを利用。機内の飲食物が有料ではあるが、特別不自由はない。飛行機自体に不自由は無かったが、問題は空港に行くまでが面倒。

20101231
帰りの電車は乗り継ぎの待ち時間が小一時間もあった。ホームは寒いし・・・ 

100€程度の差であれば、やっぱり最寄り空港から快適な旅をしたいと思う。


カスティーリャの旅、自宅-空港間の道程を除けば大満足。


~完~


訪問、有り難うございます!!
blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ

続きを読む

Theme:スペイン
Genre:旅行

comments(0)|trackback(0)|西;カスティーリャ/2010年冬|2010-12-31_23:58|page top

カスティーリャの旅最終日 ~朝食(Madrid)~

マドリッドを発つ朝、雨は降っていなかったが、雲が多め。

前日の朝もそうだったが・・・

20101231
ソル広場(Puerta del Sol)のLotto売り場には行列。

一カ所じゃない。しかも、開店前のシャッターが下りている時から。何か特別なクジでもある? 


20101231
朝食は、『ラ・マヨルキーナ(La Mallorquina)』で。

ガイドブックによれば、「ナポリターナという菓子パンが有名」なのだとか。


20101231
卵とハムのホットサンド(Sándwich de Huevo y Jamón)を一つ注文。

20101231
それに、有名だというチョコレートの入りのナポリターナ(Napolitana de Chocolate)。

それぞれ半分こ。ホットサンドは特別なものではないが、甘くないこういう方がやっぱりいい。ナポリターナは・・・ まぁ美味しい。でもちょっと生地が重いかな。 ナポリターナにはカスタード入り(Napolitana de Crema)もある。


20101231
二階のサロンは観光客が多いが、一階のカウンターは地元客が多い印象あり。
人気店なんだろう。場所も良いし。


20101231
マヨール広場(Plaza Mayor de Madrid)。

平日の朝、クリスマスマルクトの殆どがまだ本稼動していない。人もまばらでちょっと寂しい。


20101231
更にサン・ミゲル市場(Mercador de San Miguel)まで足を延ばした。

市場に入る直前・・・
既に旅先からの帰途についているであろう友人から「必要な食料品があれば、買っといてあげるよ!」コールが。 そう、この日は大晦日。ドイツの店の殆どは昼過ぎには閉まる。昼前には帰宅出来る予定の友人が親切にもオファーをしてきてくれた訳だ。こういう友達って、ホント有り難い。

お土産に、イベリコ豚のハムを購入。


20101231
ハムのおまけに卓上カレンダーをもらった。


20101231
市場に並んだ美味しそうな食べ物を見て、既に朝食を摂ってしまったことを後悔。
市場で食べればよかった・・・ 


空港からマドリッド市内に移動した時と同じ逆のルートで空港へ。
 Sol駅→Nuevos Ministerios駅(スペイン国鉄C-4線/1.3€)
 Nuevos Ministerios駅→空港(地下鉄8号線/2€)


セキュリティーチェックを終えた頃、空腹感が。

20101231
Danさんは細めのパスタで作ったパエリエを。


20101231
Kakaはイカのグリル、フライドポテト添え。イカが思いのほか、柔らかくて美味しい。

しっかり食事するKakaに、Danさんは苦笑。空港で、しかも搭乗待ち時間にこうやってがっつり食べるのは初めてだ。大抵はサンドイッチ程度だから。


20101231
レストランの名称は『PLAZA MAYOR』。ここにもあるんだ、マヨール広場。


続く・・・


訪問、有り難うございます!!
blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ

Theme:スペイン
Genre:旅行

comments(0)|trackback(0)|西;カスティーリャ/2010年冬|2010-12-31_23:57|page top

カスティーリャの旅5日目 ~トーレス・ベルメハス(Madrid)~

前夜、ニ年以上ぶりに見たフラメンコが良くて、この夜もタブラオに出かけることに。前日、ホテルスタッフが推薦してくれた『トーレス・ベルメハス(Torres Bermejas)』。ドリング付きで35€

22:30の回の予約だったが、到着してみるとまた一番乗り。待ち合いルームの一番奥に入れられてしまった。「これだと、席に案内されるのは一番最後だよ・・・」と、ちょっとがっかり。22:30の予約客は結構いるようで、そのうち待ち合いルームが一杯になり、傘をさして外で待つ人も出て来た。予約無しの客も何組か来たが、スタッフから「No reservation, impossible!」「No reservation, no table!」と、断られていた。人気のタブラオなんだろう。

22:30を回っても席に案内される気配がない。そのうち、鑑賞を終えた客たちがまばらに出て来始めた。鑑賞を終えたらしきアメリカ人グループ(10人前後だったと思う)が、女性も男性も悪態をつきながら出て来た。そして待ち合いルームにいる客に聞こえよがしにタブラオのスタッフの悪口を。どんな仕打ちを受けたのかは知らないがアメリカ人って・・・ 

テーブルが空くと、先ずは人数の多いグループを優先に席に案内される。その後、タブラオに予約を入れた旅行代理店名、もしくはホテル名が読み上げられ、二人客も案内され始めた。Kakaたちのホテル(Hotel Europa)が読み上げられたのは、JTB、ヒルトンホテル、インターコンチネンタルホテルの大分後。その辺は力関係があるんだろう。「Hotel Europa, XXXXX(Kakaたちの姓)!」と読み上げられ、席に案内されると、「私たちもHotel Europaよ!」と、カップル一組が手を上げてアピール。

テーブルに着いたのは23:00を回った頃。 ショーは前の公演からずっと続いているようだ。


20101230
内装はこんな感じ。

ガイドブックによれば、「グラナダのアルハンブラ宮殿をイメージしたアラブ風」とある。確かに。


20101230
ここでは、彼女が踊り手の大御所? 


20101230
男性三人が交替で歌っていたが、皆若そうだ。

必ずしもそうではないのだろうが、体格が太めの方がしっかりとした声のように聞こえる。写真の中で歌っているお兄さんも悪くないが、「いっぱい、いっぱいです」感がある。左にいるお兄さんの方が声量に余裕があった。その後出て来た別の恰幅の良いお兄さんも然り。


20101230
踊り手のナンバー3?


20101230
踊り手のナンバー2?


24:00を回ると、客が半分以上帰って行った。時間が時間だけに、船漕いでる人もちらほら。でも、ここから盛り上がりそうなのに、何で帰っちゃう? お陰で空いた前の席に移ってじっくり鑑賞出来たけど。 

その後、出演者の家族らしき3歳くらいの女の子連れの4~5人のグループが後ろのテーブルに着いた。スペインの子供はホント夜更かしだ。


20101230
そして24:30頃に、踊り手の一番若手が登場。

これ、これ。熟年ダンサーから若手ダンサーまで、色々楽しめるのが良い。ヘレスのタブラオでもそうだった。ここより大分庶民的ではあったけど。


20101230
終盤には4人全員で踊りを。カッコよくて、一瞬涙が出そうになった。 

男性の踊り手もカッコよかった(恐ろしくキレがある!)し、ギターも歌い手もなかなか。ショーが完全に終わったのは25:00頃。前夜のフラメンコも良かったが、こっちの方が全然良い。興奮しつつ、タブラオを後にした。


折り畳み傘を忘れたのに気付いてタブラオに戻ったが、一本しか見付からなかった・・・  テーブルを全部ひっくり返せば見付かったかもしれないが、ま、仕方ない。


スタッフの接客、良い意味で「普通」だったが、アメリカ人観光客たちは、何をあんなに怒っていたんだろう? 


続く・・・


訪問、有り難うございます!!
blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ

続きを読む

Theme:スペイン
Genre:旅行

comments(0)|trackback(0)|西;カスティーリャ/2010年冬|2010-12-30_23:59|page top

カスティーリャの旅5日目 ~夕食(Madrid)~

花友』で昼食後、「ホテルに戻る?」と言うKakaにDanさんはあきれ顔。「スペイン広場とか行かなくていい?」とDanさんは言うが、「別に」とKaka。

一日乗車券を買ったことだし、「じゃ~、行ってみよう!」と、スペイン広場へ。

20101230
スペイン広場中央にあるドン・キホーテ(Don Quijote)、及びサンチョ・パンサ(Sancho Panza)の銅像。

ガイドブックには「(銅像が)マドリッドで一番人気のある写真撮影のお相手のようで、いつも観光客で賑わっている」とあるが、観光客は殆どいなかった。夏の観光シーズンにはきっと賑わっているんだろう。

広場にはテントが張られており、アクセサリー、革製品を中心に多数の店が並んでいる。雨宿りを目的に少し見て回った。そう、この時間帯から雨になってしまった・・・ 

渋々スペイン広場に来た割に、Kakaはここの露店でカバンを2つも購入。2つで34(22+12)€だしね。店のお兄さんも「コットン製だから、洗濯機もOK!」と。洗えるっていいよね。 前日買ったカバンと合計しても84€だ。

王宮にも行っていなかったが、雨になったこともあり、部屋に戻ることに。ちょっと立ち寄ったデパートの土産物コーナーで見たのは・・・

20101230
ゲルニカ。


20101230
・・・の、塩・胡椒入れ

食品コーナーでハム(Jamón)風味のポテチx三種類を購入し、部屋へ。そして19:00まで昼寝。旅先での昼寝って本当に心地良い。


前夜同様、20:00を回った頃に食事処を探して外に出た。Danさんはパエリアを食べたがったが、パエリアモードじゃなかったKakaは却下。

前夜食事をした界隈で、シブい店を探したが、雨の所為か20:30頃にも結構客が入っている。前夜はガラガラだったのに・・・  


20101230
一軒の店を、入れそうかどうか覗いていると・・・

店の入口付近に座っていた若者グループの一人に「空いてるから入んなよ!」的なジェスチャーをされ、そこに入ってみた。


20101230
なかなかシブい店だった。年代物のレジ、よくわからない玩具がカウンター内の棚に並んでいる。
各国の紙幣も壁に張ってある。日本の紙幣は野口英世。

この日はカウンターで立ったまま飲食。前日の店はテ-ブルに着くと、小皿ではサービスしてくれなかったから。この店では分からないが、取り敢えずカウンターで。カウンターではオジさんが一人で切りもりしている。調理場が少し見えるが、調理しているお姉さんの腰の辺りだけが見える。なかなか逞しい腰だ。


20101230
先ずはスパニッシュオムレツ(Tortilla de patatas)をピンチョで。


20101230
それから、きのこの炒め物。普通に美味しい。

ビール(小瓶)を4本空けたところで、次行ってみよう!


20101230
次に入ってみたのはここ、『Cerveceria Restaurante Doña Juana』。


20101230
カウンター内にはオジさんスタッフが3人程いる。テ-ブル席はほぼ満席。カウンターにもギリギリ着けた感じだ。


20101230
白ワインのアテにアサリを。

ドロっとしたスープの食感はジャガイモ? アサリを食べ終わって、パンにスープを吸わせて食べようと思っていたら、さっさと皿を下げられてしまった・・・ 


20101230
またキノコを。今度はマッシュルームだけど。

周囲に切り込みが入っており、ちょっと食べ難い。美味しいんだけど。


地下のお手洗いに行くと、地下には広いレストラン席があった。この夜は閉鎖されていたが、夏の観光シーズンのみ営業するのかも。

お腹は膨れたが、フラメンコの予約時間まで30分程時間がある。タブラオの近くのホテルのカフェでコーヒーを一杯。それでもアルコールを注文しようとしたDanさんを「タブラオでも酒のむんでしょ!」と、諭して。


続く・・・


訪問、有り難うございます!!
blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ

Theme:スペイン
Genre:旅行

comments(0)|trackback(0)|西;カスティーリャ/2010年冬|2010-12-30_23:58|page top

カスティーリャの旅5日目 ~プラド美術館(Madrid)~

朝食を摂るために外に出た。マドリッドのホテルは朝食付きじゃなかったから。


20101230
前夜、デパート前で見た人だかりはここ。
ここにステージがあって何かイベントをやっていた。何だったんだろう? 


20101230
世界各国の民族衣装を着たキャラクターがいる。
日本人の平均的な顔って、西洋人にはこう見えるんだろう。ま、東アジア人の顔に区別もつかないんだろうが。


20101230
朝食は『Valor』で。

さすがに朝は行列しておらず、店内の席にも余裕がある。深夜に『チョコラテリア・サン・ヒネス(Chocolatería San Ginés)』で同じ物を食べてからまだ10時間も経っていない。ここでもやっぱりノルマは4本。ここのも美味しいが、もうチュロスとチョコラーテの組み合わせは十分。


20101230
この日は一日乗車券を購入。5.2€


20101230
シベーレス広場(Plaza de Cibeles)駅で下車。行き先は・・・


20101230
プラド美術館(Museo Nacional del Prado)。

ルノワール展が開催されており、ルノワール展用と通常展示用で分かれて行列が出来ている。時々、係員がアナウンスをしに来てくれている。

20101230 20101230

鑑賞料は8€。ガイドブック込みの鑑賞券は19.5€

この時、ガイドブック込みの鑑賞券を買っていればよかったね、Danさん。

正直なところ、Kakaはトレドだけで十分で、マドリッドには滞在しなくてもよかったが、Danさんがプラド美術館で絵を見たがっていたことでマドリッドにも二泊することに。

好みの絵だけをサクサク見られるのであればいいが、基本的にはDanさんのペースに合わせながら、ゆっくりゆっくり歩かなくてはならない。だから美術館が大きければ大きいほど疲れる。果たして・・・  入場後一時間程はDanさんのペースに合わせていたが、途中から「○○時にロビーで待ち合わせしよう!」と、KakaはKakaのペースで鑑賞。あんまり真面目に鑑賞した訳ではなかったが。

待ち合わせの20分後にDanさんがやっとロビーに現れた。長時間、ゆっくり歩くと腰が痛くなる。そして疲れた・・・ 

美術館のショップで、Danさんがガイドブックを購入しようとレジの列に並んでいた。ようやくDanさんの番になったが、店員と何か話して、ガイドブックを買わずにショップから出て来た。鑑賞券とガイドブックのセットは19.5€だが、ショップでガイドブック単品を購入する場合はガイドブックだけで19.5€するらしい。鑑賞券を持っていてもショップでは対応不可。「鑑賞券売り場で交渉はできるかもしれない」ということだが、またあの行列に並ばなくてはならないのだとか。


早い時間に来たのは正解だった。

20101230
帰りは、美術館入口も入場者数制限のためか、この行列。(ここはチケット売り場ではない)


観賞後、「ソフィア王妃芸術センター(Museo Nacional Centro de Arte Reina Sofía)に『ゲルニカ』を見に行く?」とDanさん。もう、美術館はたくさん・・・ 『ゲルニカ』くらいは見たいと思うが、またそこで2時間程歩いて鑑賞することを考えると気は乗らない。暫く、美術館鑑賞はいい・・・ 


「花より団子!」ということで、昼食は『花友(Restaurante Janatomo)』でラーメン、餃子とビール。

20101230
Kakaは五目ラーメン。


20101230
Danさんは味噌ラーメン。

久々の和食(ラーメンってもう和食だよね?)でホッとした。Kakaたちって軟弱・・・ 


続く・・・


訪問、有り難うございます!!
blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ

Theme:スペイン
Genre:旅行

comments(0)|trackback(0)|西;カスティーリャ/2010年冬|2010-12-30_23:57|page top

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリ

コメント有り難うございます!

 

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: