ひねもすのたりのたりかな

日常のこと、非日常のこと、その他諸々・・・

プロフィール

Kaka

Author:Kaka
Kaka(嬶)とDanさん(旦さん←旦那さん)の、平凡な日々と、時々そうでない日々のことを綴っています。

Blog Ranking

人気ブログランキングへ

最近観た映画・ドラマ

最近読んだ本

お気に入りの通販購入品

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

時が滲む朝

充実した・・・ というか、することの多い一日だった。

  6:00 起床、朝食、ゴミ出し
  7:00 Danさんを送り出す
~10:00 かつてのドイツ語の先生の誕生日にプレゼントとカードを送る準備
     ドイツ在住の友人(ウクライナ人)の二番目の子供の出産祝いを送る準備
     日々、ドイツ語を忘れており、ネットの例文集を参考にカードを書く。
10:00~ 忘れていた勤怠表の月末の記入をするため、職場へ
10:30~ 郵便局で上記二点を発送
11:00~ ジム
14:00~ 昼食(萬丸で、一人ランチ) ふわふわ卵のオムライスを。
     ジムで消費したカロリーの何倍ものカロリーを摂取。
15:00  帰宅
15:00~ 読みかけの本を読み始める  睡魔に襲われ、暫しうたた寝
16:00  読書再開
17:00  図書館へ本の返却へ(今日が返却期限のため) 
18:30  買い物を終えて帰宅、洗濯物の後始末
  ~暫し休憩~
20:00  夕食準備(今日は、Danさんの帰宅がちょっと早め)
21:30  夕食後片付け


なんか・・・ 出勤日よりグッタリした感あり。


それで、今日急ぎ読み終えた本は・・・

【送料無料】時が滲む朝

【送料無料】時が滲む朝
価格:450円(税込、送料別)


こちら。


~内容~

1988年夏、中国の名門大学に進学した2人の学生、梁浩遠(りょう・こうえん)と謝志強(しゃ・しきょう)。様々な地方から入学した学生たちと出会うなかで、2人は「愛国」「民主化」「アメリカ」などについて考え、天安門広場に行き着く――。
大学のキャンパスで浩遠と志強が出会った「我愛中国」とは。同窓の友人たちとの議論や学生生活を通して、現代中国の実像を丹念に描きつつ、中国人の心情がリアルに伝わってくる力作です。物語の後半では日本も登場し、国境を越えるダイナミックな展開から目が離せません。衝撃の前作『ワンちゃん』から半年、スケールアップした新鋭の最新作です。(Amazon.jpより)


2008年の芥川賞受賞作品。日本語を母国語としない作家の小説が受賞したのは初めてなんだとか。レビューの中には、「これで芥川賞?」、「文学界にまで中国人が入り込んできている」等々、批判的なものもあるが、この作品を著者と共に紹介した時の『週刊ブックレビュー』は興味深かった。うろ覚えだが、中国語講師の職を失った時、子育てしながらでも出来る仕事、と取りあえず書いてみた小説が『ワンちゃん』。そして第二弾のこちらの小説が芥川賞を受賞したんだとか。言う程、簡単なことではなかったのだろうが、やっぱりスゴい。 
この小説では、尾崎豊の『I LOVE YOU』が取り上げられているが、著者が来日して皿洗いのバイトをしながら日本語を勉強していた当時聞いていたのは、ゴミ捨て場から拾った松田聖子のカセットテープだったんだとか。楊逸さんと一緒にカラオケに行ったら盛り上がれるかも。


児玉清氏(だけじゃないけど)が長年司会を勤められた『週刊ブックレビュー』、3月17日で終わっちゃったんだよね。残念・・・


訪問、有り難うございます!!
blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ

Theme:図書館で借りた本
Genre:本・雑誌

comments(0)|trackback(0)|外国人作家|2012-03-30_22:18|page top

第六回 よこはま菊六開花亭

今夜は久々の寄席。実は、今日のチケットは最後の一枚だった。もう一枚は追加発行してもらったもの。自由席だからなんとでもなるんだろうけど。小さい会場とはいえ、菊六さんの人気は段々と上がっているようだ。


20120329
第六回 よこはま菊六開花亭。


~本日のお題~

金明竹 by 林家扇
  芸名から察せられる通り、木九ちゃんのお弟子さん。前座四年目とのこと。
  頑張れ、女流落語家さん!


片棒 by 古今亭菊六

  やっぱり上手い、菊六さん! 才能がある人なんだろうね。


宿屋の富 by 古今亭志ん公

  悪くなかったけど、米朝師匠の宿屋の富を思い出しつつ鑑賞させてもらった。


 -仲入り-


子別れ by 古今亭菊六

  志ん朝師匠の子別れには適わないまでも、なかなか。9月に真打昇進が決まっているが、
  とても二ツ目とは思えない名演技。これからも応援してますよ~。




寄席の後は・・・

20120329
うさぎで、ちょっと遅めの夕飯。

こぢんまりとした良い店だった。常連さんを含む7人のとっつぁんグループが来るまでは。


訪問、有り難うございます!!
blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ

Theme:落語
Genre:学問・文化・芸術

comments(1)|trackback(0)|落語|2012-03-29_23:59|page top

SALONE 2007

数日遅れて、Danさんの誕生日祝いを、『SALONE 2007』で。 待ち合わせ時間より少し早めに到着したKakaは、Danさんが来るまで、ビールを一杯。


やっぱり、料理の写真を撮れる雰囲気ではない。代わりに・・・

20120323
店員さんの手書きのメニューのイラストを。


食事の後、本日のメニューのイラストを下さる。今日、Kakaが特に美味しく思ったのは次の二品。

20120323
一品目のパスタ、オレキエッティ 烏賊のカチュッコ。

イチジクで、ほんのり甘めのソースがいい。量がとっても上品。


20120323
メイン、シャラン鴨のブラザート。

じっくり煮込まれた柔らかい鴨肉が美味い。肉の上に載ったカカオチュイール、ブラックペッパー、ラディッキオなんかと合わせて食べると、何種類かの味が楽しめる。


食事の後、中華街を通って帰ったが、週末にも関わらず、雨の所為か人通りが少なかった。


訪問、有り難うございます!!
blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ

Theme:横浜&川崎周辺のグルメ
Genre:グルメ

comments(2)|trackback(0)|そと飯(YOKOHAMA編)|2012-03-23_23:59|page top

リンゼイ・マーシャル

Danさんを送り出して、布団に戻って、10:30に起きて、整形外科に行って、一人外ランチして、食材を買って、帰宅して、TVを付けると、また眠くなった。年の所為? それとも、とうとう日本でも花粉症を発症した? 

眠気を覚ましつつ、見たのは、録画しておいた『ミス・マープル4』を二本。『殺人は容易だ』の途中で殺される女性エイミー・キプス役の女優に見覚えがある。


そうだ! 『ローマ』でクレオパトラ役の女優(Lyndsey Marshal)だ! 


20120323
クレオパトラ役。(画像はとあるサイトから拝借)

『ミス・マープル4』の中では、大分ふっくらとして二重あごになっていた。そして老けてる。ま、余計なお世話だけど・・・  同ドラマ前回の『ポケットにライ麦を』には、『ローマ』のポンペイウス役だったKenneth Cranhamも出ていた。ドラマの冒頭で殺されてしまうけど・・・


民放はどうでもいいけど、せめてNHKは欧米系のドラマ枠を増やして欲しいんだけど・・・  本音は別の言い方をしたいが、取りあえずここではやめておく。


訪問、有り難うございます!!
blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ

Theme:海外ドラマ(欧米)
Genre:テレビ・ラジオ

comments(0)|trackback(0)|外国ドラマ|2012-03-22_19:39|page top

は庵す

今日の一人外ランチは、『は庵す(はんす)』にて。無性に、パスタが食べたくて。


20120323
セットメニューのサラダ。大分小振り。ピンぼけ・・・


20120323
本日のパスタは、キノコのトマトソース。これもピンぼけ・・・

この店では、箸で食べることになっているらしい。パスタは普通に美味しい。でも、パスタはやっぱりフォークの方が食べ易いような気がする。

口コミによれば、日本で生まれ育ったというハンス(は庵す)さんのお店らしい。確かに、ドイツのドイツ人料理人が作るパスタよりは、全然美味しいはず。


20120323
デザートのヨーグルト。普通。

缶詰のみかん、子供の頃は好きだったんだけどなぁ・・・


テーブルには、水と珈琲のポットが置かれている。締めて800円。まずまずの満足度。ランチメニューにあったパスタよりも、豚角煮のオムレツ、焼きカレーうどんの方が気になった。機会があれば、次は夜に試してみたい。


訪問、有り難うございます!!
blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ

Theme:横浜&川崎周辺のグルメ
Genre:グルメ

comments(0)|trackback(0)|そと飯(YOKOHAMA編)|2012-03-22_18:32|page top

カレンダー

02 | 2012/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリ

コメント有り難うございます!

 

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: