ひねもすのたりのたりかな

二度目の平凡なドイツ生活の様子を日記代わりに書いています。知らないことはまだまだいっぱい。ドイツ語が上達する兆しは… ありません。料理下手ながらも弁当は作っています。

プロフィール

Kaka

Author:Kaka
Kaka(嬶)とDanさん(旦さん←旦那さん)の、平凡な日々と、時々そうでない日々のことを綴っています。

Blog Ranking

人気ブログランキングへ

最近観た映画・ドラマ

最近読んだ本

お気に入りの通販購入品

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

語学学校初日

昨夜はDanさんの鼾で睡眠を邪魔される訳には行かず、途中でリビングのソファに移動して就寝。腰が痛い… 

5:15に目覚ましで起床し、Danさんは🇬🇧に出張。ロンドンではないけど、テロが心配だ。心配だけど、行かない訳にはいかないもんね。だから寝不足のKakaはベッドに入って小一時間睡眠。😴

そして、🇩🇪語学校初日。受付でテキストをもらい、指定された教室に10分前に行ったけどまだ誰もいない。5分前に女性が一人入室。クラスには何人いるのかも不明。


20170606
この出版社のテキストを使うのは初めて。


授業開始の時間になっても、女性の先生、女性の生徒(人)が一人、男性の生徒(人)が一人だけ。「この少人数だったらラッキー!」と思ったけど、そうはいかないよね。😓

自己紹介、三連休の過ごし方を雑談しながら時間を潰していると、遅れて更に女性の生徒二人(🇪🇸人と🇫🇷人)が入室。まぁ、これくらいは普通かな。😅 これで全員揃ったらしい。ということで、人男性は紅一点の逆でハーレム状態。🇩🇪ではHahn im Korb(カゴの中の雄鶏)と言う。今日が初日なのはKakaだけ。

先ずはテキスト使わずに、配布された印刷物をざっと読んで話合う。「🇯🇵人は年に1.5週間しか休みが無い」「働き過ぎで過労死することもある」「一方、競争のプレッシャーによる心臓病は少ない」とか書いてあった。先生は🇩🇪人で、ラテン圏の生徒が三人。まぁ、分かり合えないよね。💦 


午後は、希望すればミュンヘン大学を見学するツアー(無料)を催していたけど、雨だからパス。次の催しは木曜日。天気次第では参加してみようかなぁ。


20170606
久々のケバブをランチに。4ユーロかぁ…

地域の所為なのか、全体的に値上げになったのかは分からないけど、2011年に住んでいた町では3.5ユーロだった。

人生徒は目指している仕事のためにC2の試験だけを目指して受験するらしい。先生は「C2は母国語レベル」と言ってもんなぁ。Kakaは取り敢えず、B2を全うしないとね。今週から8週間、取り敢えず頑張ってみよう! 


訪問、有り難うございます!!
blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ
関連記事

Theme:ドイツ語
Genre:学問・文化・芸術

comments(4)|trackback(0)|日々のこと(DEUTSCHLAND編)|2017-06-06_22:38|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント

No title
頑張って!

日本人のイメージは勤勉で強心臓?
客観的にはそうなのかなぁ(^_^)
いいイメージなのか・悪いイメージなのかなぁ?
文化が違う中大変そうですが、逆に楽しそうでもありますね!
こう。 さん
声援、有り難うございます。

ちょっと言葉足らずでしたが、「共同社会の中で働く日本は、個々で働く欧米ほどは競争がないからストレスも少ない」的なことが書かれていました。が… 共同社会の中には個々の競争よとは違った「派閥」の中でストレスがありそうですよね。💦 ま、働くことは楽じゃないってことです、どこでも。
8週間、心が折れないことを願いつつ、頑張ります。
いよいよ始まりましたね
日本人についての内容だったんですね。
いろいろ質問されませんでしたか?
何分授業ですか?
見学ツアーまであるんですね~面白そう!
教室の中だけの授業よりも、気分転換になっていいですね^^
ももこさん
「西ヨーロッパでは」とか、「アメリカでは」とか、「途上国では」とひとくくりで「こういう傾向にある」と書かれている中、、日本は名指して取り上げられていました。💦
45分x4時限/日です。途中、休憩が入りますけどね。
私立の語学学校は、市民大学の語学講座より大分割高ですけど、その分色々とケアしてくれます。ミネラルウォーターも3種類が飲み放題。コーヒーマシーンもあって、50セント(セルフサービス)で飲めますよ。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリ

コメント有り難うございます!

 

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: